血糖値と薬と副作用

血糖値を下げるといえばやはり薬によるものを考えたくなりますが、そういったものには当然副作用もあります。どういった薬で、どういった副作用が生じるのでしょうか。

 

血糖値を下げる薬というのは、血糖値の状況や治療中の病気の有無、そのほか体質などから判断されます。基本は食事療法になりますから、その様子を見ながら徐々に弱い薬へ変えていくようにします。

 

血糖値の改善に用いられる治療薬は、α-グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれる糖の吸収を緩やかにする効果のあるもの、インスリンに働きかけるインスリン抵抗性改善薬、インスリンの分泌を促すスルフォニル尿素薬、食欲を抑えるビグアナイド薬、インスリンを多く必要とする際に効果を履きするインクレチン関連薬などが使われます。

 

副作用としては、α-グルコシダーゼ阻害薬においてはお腹の調子が悪くなることがあることです。インスリン抵抗性改善薬は、肝機能障害が起こるリスクがあると言われていますが、非常にまれなケースです。

 

スルフォニル尿素薬はポピュラーに用いられていますが、だんだん効果が弱くなると言う問題があります。ピグアナイド薬は腎機能が悪い人には副作用が起こることがあり、人によっては筋肉の痙攣症状や嘔吐が起こり、場合によってはこん睡状態が生じることもあるようです。

 

糖尿病治療というとインスリン注射がイメージされますが、基本はできるだけそういった薬や注射に頼らない食事療法です。

 

病院での治療をするにしてもそうでないにしても、血糖値が気になる場合はまずは食事を見直すことを大切にしましょう。