血糖値にバナジウム

バナジウムというものを聞いたことがありますか?ミネラルウォーターなどに含まれている成分のひとつなのですが、これが血糖値を下げる作用を持っていて、注目されています。

 

バナジウムを豊富に含んだ水は日本では富士山麓の地域で採取できるとして、ペットボトル飲料やウォーターサーバーによって提供されています。

 

バナジウムはそもそもミネラルのひとつなのですが、これがインスリンに似た作用を持っていると言われているのです。それがつまり、血糖値を下げる効果です。

 

実は、微量ではありますが、牛乳や蕎麦にもバナジウムは含まれていますから、もしも血糖値が気になるという人はこういったものの摂取量を普段から増やすと良いかもしれません。

 

バナジウムは、動脈硬化を予防したり、脂質代謝を促進して、血中のコレステロール量を減少させるといった効果があります。血液をサラサラにして血流を促す効果があると言えるでしょう。

 

バナジウムは食品からはエビやイワシ、卵などから摂取できます。熱にも強いので、普通に加熱調理しても全然性質いに変化がありません。

 

ただ、長期にわたっての過剰な摂取が肝障害などを招く可能性があると言われています。しかしながら、なかなか過剰にはなりにくいミネラルですから、ほとんど気にする必要はありません。

 

バナジウムを躍起になって摂取するという機会は多くないかもしれませんが、何かのときにバナジウムの文字が目に入ったら摂取するというくらいには意識するといいかもしれませんね。