血糖値の改善に食物繊維

食物繊維は血糖値を下げるために有効な成分です。食物繊維には大きく分けて水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれています。血糖値を下げる効果が高いのは水溶性食物繊維です。

 

この水溶性食物繊維は、粘度が高く、胃から腸への食物の移動がゆっくりになります。また、食物が吸収されるのを抑制する効果があり、糖の消化・吸収が弱くなって血糖値の上昇が抑えられるようになります。

 

消化・吸収が遅くなるので、腹持ちも良く、過食を防いでくれる効果もあります。そのため、ダイエットに活用されることも少なくありません。

 

食物繊維の多い食事をするとお腹がゆるくなる、便が多く出るようになるというイメージがありますが、これはもう一方の不溶性食物繊維の働きで、これは腸を刺激して蠕動運動を促して消化管を通過する速度が速くなるために排便が促されたと感じるのです。

 

血糖値を下げるために有効な食物繊維は、豆類や、海藻類、果物、野菜などに多く含まれています。普段、お肉中心の食事をしていると不足しやすいので、副食のある和食の定食などを食べるようにして、たくさんの食品から食物繊維を摂取しましょう。

 

血糖値を下げようと思った場合には、こういった食品をわかって、意識的に選んでいくことが大切です。血糖値が高い人の多くは、栄養に関する無知から糖質の多い(そして比較的安価な)食品ばかりを選んで食べていることも少なくないのです。