妊娠糖尿病とは?

血糖値が高くなってしまうキッカケはいくつか考えられますが、中には妊娠した際に血糖値が高くなるという人もいます。

 

妊娠をきっかけに高血糖状態に陥ってしまうことを妊娠糖尿病と言いますが、妊婦は赤ちゃんのために血糖値が上がりやすい状態になり、通常分泌されているインスリンの量よりも分泌が少なくなる場合があります。

 

もともとインスリンが不足しやすい体質の場合、妊娠で高血糖状態が起こりやすく、それによって早産が生じたり生まれてきた子どもに低血糖が生じやすくなるなどのリスクがあるようです。

 

もしも妊娠前から肥満気味という人、身内に糖尿病を患っている人がいる、といいった場合には特に注意をする必要があるでしょう。糖尿病の可能性が疑われる場合は、検査を受けておいた方が安心して妊娠期を過ごすことができます。

 

血糖値が高くなりやすいことが自覚できている場合は、妊娠前から血糖値を下げるための治療やケアを行っておくのが一番の対策になります。その方が体への負担も少ないですし、難易度としても低くなります。

 

健康な子供を生むためには、まずは母体が健康でなければなりませんから、ライフスタイルを見直して血糖値の改善を試みましょう。

 

もしも妊娠糖尿病が判明した場合には、一般的には食事療法が開始されます。十分に栄養を摂取しないといけない時期でもありますが、血糖値にも注意しながら食事をすることになるのでいろいろと大変です。

 

血糖値の上昇が抑えられないという場合は、インスリン注射が行われることもあります。出産後も注意が必要で、気を抜くと慢性化しますので、定期的に血糖値は確認するようにしていきましょう。