血糖値とアルコール

血糖値とアルコールの関係については、今も昔もさかんに議論されています。お酒を飲むと血糖値が上がると言う人もいれば、そうでないと言う人もいます。

 

高血糖を改善するためには、普段飲んでいるお酒の種類をよく考えてみる必要があります。お酒によって血糖値が上がるのは、もちろん糖分が含まれているからです。

 

しかしながら、焼酎やウイスキー、コニャックなどの蒸留酒というのは、実は糖分があまり含まれていないので、血糖値が上がりにくいお酒です。

 

逆に、アルコール発酵をさせた状態ですぐ出荷されるビールや日本酒、リキュール類などは、血糖値が上がりやすいアルコール類です。

 

血糖値を下げる効果のあるポリフェノールを含む赤ワインなどは血糖値を上げる効果も下げる効果もあるので、飲み方や期間などによっても大きく違いが生じます。

 

基本的には血糖値を大なり小なり上げてしまうものだと考えるのが良いと思いますが、ただそれは他の食品や飲みものでも同じですから、アルコールだけを叩くのもよくありません。アルコールを飲むのであれば、それが高血糖に繋がらないように工夫しましょう。

 

たとえば、できるだけ蒸留酒を選ぶようにしたり、また飲む前には何かを胃に入れておいて、過剰な吸収を抑えるようにしたり、飲みすぎを防ぐために飲む量を制限しておくなど、そういった工夫で血糖値への影響を少なくすることができます。

 

お酒の席が外せないけども高血糖が気になるという場合は、上のポイントを踏まえてうまく付き合うようにしてくださいね。