血糖値とビタミンB群

ビタミンは体の調子を整えてくれて、健康に良いものというイメージがありますが、血糖値にもしっかり効果を発揮します。

 

とはいえ、ビタミンなら何でもいいということではありません。血糖値の改善に効果を発揮してくれるのはビタミンB群と呼ばれるビタミンです。

 

ビタミンB群はややこしいビタミンです。「群」の文字をついている通り、ひとつではなく非常に多数あるからです。

 

血糖値を下げる観点からは、特にビタミンB1を覚えておくと良いでしょう。このビタミンB1は糖の代謝を活性化させてくれる効果のあるビタミンです。

 

これが十分にあるとエネルギーを作り出すことが効率的になるので、疲れ気味な人は積極的に摂取してほしいものです。

 

糖質をエネルギーへと変えるビタミンB1は疲労回復や夏バテ予防などで利用されることが多いですが、糖尿病の原因になる血液中のブドウ糖をしっかり利用させるという点でも有効なのです。

 

その他のビタミンB群も、やはり何かの代謝に関わっているものが多く、健康を維持したりまた肌の調子を整えるなど、新陳代謝の働きを活性化させたり内臓の機能を高めたりする効果のあるものが多いです。

 

ビタミンB群は相互に関連し補完し合いながら働くので、単体でばかり摂取しても効果は薄く、バランスよく摂取することが重要です。そういう意味では、食事からというのが理想ではありますが、サプリメントも現実的な選択股になります。

 

糖尿病の予防や改善を考えるなら、ビタミンB群をしっかり摂取しつつ、食事などでしっかり血糖コントロールを行っていきましょう。きっと効果がアップするはずです。